1. TOP
  2. iPhoneが充電できない!バッテリの寿命?原因別の対処法はこれ!

iPhoneが充電できない!バッテリの寿命?原因別の対処法はこれ!

iPhoneが充電できない!原因別の対処法はこれ!

iPhoneが充電できない!原因別の対処法はこれ!

あれ?iPhoneの充電ができない…。こんなトラブルに見舞われたことはありませんか?
iPhoneが充電できない原因はいくつかあり、対処法もそれぞれ異なります。
毎日使うスマートフォンが充電できなくなると、本当に困ります。できるだけ早く元通りにして使いたいものです。
今回はiPhoneが充電できない時の原因と、その原因別の対処法をご紹介します。

充電器や充電ケーブルに原因があって充電できない時の対処法

もしかしたら、充電器や充電ケーブルが原因で充電できないのかもしれません。
ケーブルを引っ張って抜くなど、日常的に負荷をかけていると、ケーブルが断線してしまうこともあります。
見た目は断線していなくても、内部が断線しているケーブルでは充電できません。
そして、電源のアダプタに不具合がある場合も、充電できなくなることがあります。
他のケーブルを使用して、充電できるかどうかチェックしてみましょう。

また、あなたが使用している充電器や充電ケーブルは、純正のApple製品ですか?
もし純正の製品ではない格安製品などを使用している場合、そのケーブルがiPhoneに対応していないことが原因で充電できない可能性もあります。
Appleの純正品を使い、再度充電できるかどうか試してみましょう。

充電器や充電ケーブルに原因があった場合は、違うケーブルを使えば問題は解決するはずです。
まれにコンセントに問題がある場合もあるので、念のため他のコンセントでも試してみましょう。

本体に原因があって充電できない時の対処法

長期間使っているうちにiPhone本体の動作が不安定になり、動作不良を起こすこともあります。
iPhoneが充電できなくなった原因が本体にある場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

まずは、デバイスの充電ポートにホコリやゴミが付いていないかチェックします。
ついていた場合は取り除きます。これで通常通り充電できた場合は、充電ポートに問題があったということになります。

それでもやはり充電できない場合は、一度電源をオフにし、再起動してみましょう。

再起動の手順

  • 電源ボタン(スリープボタン)を長押しする
  • 画面に「スライドで電源オフ」と表示されたら右にスライドする
  • 電源が完全に切れるまで数秒待つ
  • 再度電源ボタンを長押しして電源をオンにする
  • Appleのロゴマークが表示され、iPhoneが再起動する

本体の動作が不安定になったことが原因の場合は、再起動をすると元に戻ることが多いようです。
再起動したら、もう一度充電ができるかチェックしてみましょう。
これでも充電ができない場合は、原因は本体以外のところにあるのかもしれません。

バッテリーに原因があって充電できない時の対処法

  • 純正の充電器や充電ケーブルを使用しているにも関わらず、充電ができない。
  • 他のケーブルで試してみたけれど同じ。
  • 再起動もしてみたけれど、やっぱり充電できない。

そんな時は、バッテリーが原因かもしれません。

iPhoneのリチウムイオンバッテリーは、フル充電のサイクルを500回程度繰り返しても、容量の80%は維持できるように作られています。
しかし、バッテリーにも寿命はありますから、長い間使用していたために起こる劣化や不具合により、充電ができなくなることもあります。
このような時には、バッテリーを交換することをおすすめします。

AppleCare+に加入していれば購入から2年以内、加入していない場合は購入から1年以内が保証期間です。
保証期間内であれば、無償でバッテリーを交換してもらえます。

入っていない場合は、正規店で交換をすると、よいお値段が発生します。
そのため、iPhone修理リカバーガレージでは バッテリー交換は人気の修理メニューです。

まずはiPhoneが充電できない原因を探ろう!

iPhoneの充電ができない時は、まずその原因を探りましょう。

充電器や充電ケーブルに問題はありませんか?
ケーブルが断線していると、上手く充電できません。
一見しただけでわからないこともあるので、他の充電ケーブルを使って再度充電できるかチェックしてみてください。
ケーブルを取り替えてみたけれど、やっぱり充電できない。そんな時は他の原因が考えられます。

本体の充電ポートにホコリやゴミはついていませんか?
ゴミがついてたら取り除きましょう。ついていないのに充電できない場合は、再起動してみましょう。
本体の動作が不安定になっている場合は、再起動すれば復活することも多いです。

ケーブルも問題ない、本体も問題なさそう。でも、充電できない。
そんな時はバッテリーに原因があるのかもしれません。

iPhoneのバッテリーにも寿命がありますので、使っているうちに劣化して十分な充電ができなくなることもあるものです。
バッテリーが原因であれば、バッテリーを交換すれば問題は解決します。
保証期間内であれば無料で交換してもらえるので、早めに交換しましょう。

iPhoneの充電が急にできなくなった。そんな時はまず、何が原因なのかを探りましょう。
充電できなくなった原因は様々です。そして、原因によって対処法は異なります。
ケーブルやバッテリーに原因があるのなら、新しいものに取り替えましょう。
本体に問題があるのなら、まずは再起動を。
それでも充電できない場合は、修理の必要があるので、修理しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone修理リカバーガレージの注目記事を受け取ろう

iPhoneが充電できない!原因別の対処法はこれ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone修理リカバーガレージの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
電池・バッテリー交換
バッテリーの減りが早い・電池の劣化・電池の減りが早い・バッテリートラブル・電池の保ちが悪い ときは
iPhone電池・バッテリー交換

関連記事

  • カメラレンズ割れ|iPhone修理リカバーガレージ

  • 電源・マナー・音量ボタン故障|iPhone修理リカバーガレージ

  • 通話が突然遮断される!近接センサーの誤作動?故障!iPhoneの交換修理前の4つのチェックポイント

  • 通話できない?自分の声が相手に届かない!マイクの故障?iPhone交換修理の8つのチェックポイント

  • 強化ガラス保護フィルム|今までのiPhone保護フィルム・ガラス・シールより圧倒的に割れにくい

  • iPhoneの音割れノイズ雑音!原因と対策を完全チェック!iPhoneの交換修理の6つのチェックポイント