1. TOP
  2. 修理に出すべき?iPhoneカメラトラブルのよくある症状と故障の前兆とは?

修理に出すべき?iPhoneカメラトラブルのよくある症状と故障の前兆とは?

修理に出すべき?iPhoneカメラのよくある症状と故障の前兆とは?

修理に出すべき?iPhoneカメラのよくある症状と故障の前兆とは

「カメラを使おうと思ったらカメラアプリが起動しない」
「ピントが合うまで時間がかかって写真が撮りにくい」
というように、iPhoneカメラの調子が悪くなったときはどうしていますか?

もちろん修理に出さなければいけない場合もありますが、中には自分で対処することで改善するケースもあります。
そこで今回はiPhoneカメラのよくある症状とその原因と対処法、故障の前兆、そしてカメラ修理についてお伝えいたします。

iPhoneカメラのよくある症状!その原因と対策は?

1.撮影ボタンを押しても反応が非常に鈍い・iPhoneが起動しなくなった

写真を撮ろうとボタンを押しても、すぐにシャッターが切れず時間がかかる。
iPhoneのカメラを起動しても、画面が真っ暗なまま起動できない、または起動してもフリーズする、すぐに落ちてしまう。
このような症状が出ることがあります。

考えられる原因としては、メモリー不足があります。
メモリー不足を解消するためには、次のような方法を試してみてください。

アプリを多く起動しているとメモリー不足になりやすいので、必要のないアプリは終了させましょう。
ホームボタンを素早く2度押しすると、マルチタスク画面に起動中のアプリが表示されます。
使用していないアプリをスワイプして、アプリを終了させます。

  • iPhoneに保存している写真や動画が多くなるとデータ容量が増えて、操作が重くなりやすいので、バックアップをとってからできるだけ削除します。
  • 不要なアプリは削除しましょう。
  • iPhoneを再起動します。

2.ゴミや小さな点や影が写り込むようになった

カメラのレンズにゴミが入ると、写真に点のようなものが写り込むことがあります。
レンズの表面にゴミや埃、指紋などが付着している場合と、レンズ内部にゴミが入り込んでしまっている場合があります。
レンズ表面に付着している場合は、ブロアーで表面のゴミを吹き飛ばし、柔らかい布で優しく拭きます。
これで改善されない場合は、レンズ内部にゴミが入り込んでいると思われます。

3.カメラのピントが合わなくなった

レンズにゴミが入るとピントが合いにくくなります。
2と同じ方法で表面のゴミや汚れを取り除いても変わらないようでしたら、修理が必要です。

4.iPhoneのレンズが割れた

カメラのレンズやレンズカバーガラスが割れると、写真がきれいに撮れなくなります。
割れたまま放っておくと、レンズ内部にゴミや埃が入り込むので早めに修理した方がよいでしょう

5.フロントカメラ、もしくはバックカメラだけ使用できない

iPhoneにはフロントカメラとバックカメラがありますが、この片方だけが壊れてしまうことがあります。
カメラを切り替えるとぼやけたり、真っ暗になったり、フリーズしたりといった症状が出ます。
片方だけの故障でもカメラアプリ自体が起動しないケースもあるので、1の方法を試しても改善されない場合は修理に出す必要があります。

もしかしてカメラの故障?こんな前兆に注意

iPhoneカメラの調子が悪いと感じたら、メモリー不足を解消する、レンズをきれいにするなど、まずは自分でできる方法をとってみましょう。
それでも改善されない場合は、早めに修理店に相談することが大切です。
調子が悪いまま放置しておくと状況がどんどん悪化して、その分修理費用もかさんでしまう場合もあります。

  • カメラの一部の機能が使えない
    たとえばフラッシュが使えないなどの症状が出ている場合、カメラパーツの交換が必要となります。
  • フロントカメラかバックカメラの片方しか使えない
    iPhone修理専門店であれば、壊れている側のカメラの交換だけで済む場合もあります。
  • 画面全体が黒くなってしまう
    フロントカメラ・バックカメラの片方が壊れている場合でも、このような症状になることがあります。
  • カメラ機能だけでなく、他にも不具合が生じている
  • 変なものが写る
    変なものが写る場合は、レンズに汚れが付着しているか、レンズに傷がついているなどが考えられます。
    カメラごと交換しなくても、レンズ内の掃除やレンズの交換で改善することもあります。

iPhoneの修理はどこでやってもらえるの?

自分で不具合の対策を行っても改善しない場合、iPhoneを修理に出す必要があります。
iPhoneの修理を扱っている店舗には、次のようなものがあります。
それぞれの特徴を理解した上で、最適な店舗に修理を依頼しましょう。

Appke Store(アップルストア)

iPhone修理の基本は、全国に8店舗ある直営店のApple Storeです。
Apple StoreにはGenius Barがあり、たいていはその場で修理してくれて、持ち帰ることができます。
ただしGenius Barを利用するには、事前に予約が必要です。
予約は「Appleサポートへお問合せ」のページから行うか、公式アプリから行います。
直接店舗に行けない場合は、配送修理サービスを利用することができます。
保証期間外もしくはAppleCare+に加入していない場合は、修理費用がかなり高くなります。

ソフトバンクショップ・auショップ

ソフトバンクでは、ソフトバンク表参道店とソフトバンクグランフロント大阪の2店舗でiPhoneの修理を行っています。
事前に来店予約が必要で、店頭で受け付けをします。
auでは、au SHINJUKUで修理を受け付けています。

Apple正規サービスプロバイダ

Appleから認定を受けた店舗で、AppleCare+などの保証サービスも使え、直営店と同等のサービスが受けられます。
Apple正規サービスプロバイダには、ビックカメラ・カメラのキタムラ・イオンなどがあります。
全国に100店舗近くあるので、Apple Storeが遠くて行けないけれど、直営店と同等の修理サービスが受けたいという場合に便利です。

iPhone修理専門店

iPhone修理専門店では予約の必要がなく、費用も格安で修理を受けられるというメリットがあります。
保証対象外の修理やAppleCare+に加入していない場合、費用を安く抑えたいという方は検討してみてもいいかもしれません。
ただし、iPhone修理専門店ではAppleから認定を受けていないため、Appleからの製品保証が受けられなくなります。

iPhoneのカメラを快適に利用するためには、普段から余分な写真をためておかない、必要のないアプリを削除する、データ容量を把握しておくことを心がけることが大切です。
不具合が生じた場合は、症状に合わせた対策を試してみましょう。
それでも改善されない場合は、早めに修理店舗に相談することをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone修理リカバーガレージの注目記事を受け取ろう

修理に出すべき?iPhoneカメラのよくある症状と故障の前兆とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone修理リカバーガレージの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
カメラレンズ割れ
iPhoneカメラ交換・iPhoneのフロントカメラが映らない・iPhoneのカメラが起動しない・iPhoneのカメラが壊れた・iPhoneカメラの写りが悪い
iPhoneのカメラが壊れたときはこちら

関連記事

  • 通話が突然遮断される!近接センサーの誤作動?故障!iPhoneの交換修理前の4つのチェックポイント

  • ライトニングコネクタ・Dockコネクタ交換|iPhone修理リカバーガレージ

  • ホームボタン故障|iPhone修理リカバーガレージ

  • 通話できない?自分の声が相手に届かない!マイクの故障?iPhone交換修理の8つのチェックポイント

  • iPhone修理で多いバッテリーの交換!原因は電池の劣化?長持ちさせる20の節約術

  • iPhone故障には3台まで入れる!モバイル用保険の特徴・加入方法・メリット・デメリット・注意点