1. TOP
  2. iPhoneのホームボタンが故障?反応しないときの対処&解決方法

iPhoneのホームボタンが故障?反応しないときの対処&解決方法

iPhoneのホームボタンが故障?反応しないときの対処&解決方法

iPhoneのホームボタンが故障?反応しないときの対処&解決方法

iPhoneユーザーなら、意識せずともみんな毎日お世話になっているホームボタン。
他のスマートフォンにはないホームボタンは、iPhoneの大きな特徴です。
しかし、その大きな特徴であるホームボタンは、画面タッチで操作する他社のスマートフォンと異なり、物理的に本物の「ボタン」であること、操作に欠かせない存在であるがゆえに、iPhone本体の不具合や故障の原因にもなってしまうこともあるのです。
今回は、iPhoneのホームボタンが反応しない時の原因と対策について、チェックしていきましょう。

ホームボタンがきかない3つの主な原因

ホームボタンがきかなくなるには、いくつかの原因が考えられます。
ここでは代表的な3つの原因について、お伝えしていきましょう。

 保護フィルムにホームボタンが覆われている

画面を保護するために、保護フィルムを貼っている方は多いと思います。
この保護フィルムがホームボタンを覆ってしまうことで、ホームボタンが反応しない場合があります。

起動中のアプリが多すぎる/反応していないアプリがある

最近は簡単にインストール出来て、無料で使える便利なアプリもたくさん出ています。
複数のアプリを立ち上げたままにしていることはありませんか?
常に複数のアプリが動いていると、iPhoneへの負荷があがり、特定のアプリが反応しなくなる、いわゆる「固まっている」ことがあります。
その場合は、ホームボタンも反応しないケースがあります。

ホームボタンそのものの故障

iPhoneのホームボタンは、画面操作で決して避けては通れない存在です。
使用頻度がずば抜けて高いがゆえに、劣化も進みやすくなります。
それは、残念ながら他のボタンに比べて故障率もあがるということ。
大切にしていても、本体に強い衝撃をあたえてしまうこともあるでしょう。
長年iPhoneを使っている場合は、経年劣化による接触不良も考えられます。

ホームボタンが反応しない時の4つの解決・対処法

それでは、ホームボタンが反応しない場合の対処法について、みていきましょう。

ホームボタンにかかっている保護フィルムを外してみる

ホームボタンにかかってしまっている保護フィルムを外しましょう。
せっかくの機会ですから、ホームボタンの周りが汚れていないか確認して、画面を柔らかな布できれいに拭いておくのもいいでしょう。
念のため、保護フィルムを新しいものに変えてみてはいかがでしょうか。

起動中のアプリを終了してみる

ホームボタンを2度押して、起動中のアプリを表示させます。
終了させたいアプリ上で指を上にスライドして、アプリを終了させます。
複数ある場合は、画面上で横に指をスライドさせると、他にも起動中のアプリが出てきますので、それぞれ上記の方法で終了させます。

iPhoneを再起動してみる

iPhoneの電源を落として、アプリが何も立ち上がっていないキレイな状態にしてみましょう。
まず、側面にある電源ボタンを長押しします。
「スライドで電源オフ」というメッセージが表示されます。
そのメッセージ上で指を横にスライドすると、電源が落ちます。
数秒待ってから、再度電源ボタンを長押しして、iPhoneを再起動しましょう。

ホームボタンの代わりのアイコンを画面上に作ってみる

アプリを終了させても、iPhoneを再起動してもホームボタンの反応が改善しない場合は、
iPhoneのホームボタンそのものに、原因があるかもしれません。
すぐに修理にだすことがベストです。
それでも、すぐに修理に出すことが難しい場合もあるでしょう。
その場合は、次の方法でホームボタンを画面上に作ることができます。試してみてください。

作り方は簡単です。
設定→一般→アクセシビリティと進みます。
「Assistive Touch」という項目が、画面上部に表示されます。
設定前は、丸いアイコンが左になっているので、右にスライドさせて「オン」にします。
すると、iPhoneの画面上に半透明のホームボタンのようなアイコンができます。
これをタッチすると、6個のショートカットメニューが表示されます。
その中の「ホーム」と表示されたアイコンが、ホームボタンとして使えます。

ホームボタンを正規修理店で直したら

色々試してみたけれど、いよいよ修理が必要になってしまった。
この場合とても大事なことは、「ホームボタンはAppleストアまたは正規のサービスプロバイダで直す」ということ。
残念ながらいずれの場合も修理の過程でデータ消去があるため、データのバックアップなどそれなりの準備が必要です。
それでも、ホームボタンの修理は、非正規の修理店には依頼しないほうがよいかもしれません。
理由は後述しますが、まずは修理依頼の方法についてお伝えします。

Apple社へiPhoneを送って修理依頼する

お店まで行く時間がない人や、育児や介護、体調不良など外出が難しい人におすすめです。
Apple社のホームページ、もしくは電話で申し込むと、Apple社指定の配送業者が集荷に来てくれます。集荷および配送にかかる費用はApple社が負担してくれますし、1週間ほどで修理が完し、iPhoneを届けてくれます。

 近くのAppleストア直営店又はApple正規サービスプロバイダへ修理依頼する

スタッフに相談しながら修理を依頼したい、送った場合の事故や紛失が心配…。
そんな場合は、事前予約のうえ、iPhoneをお店に持ち込んで修理を依頼できます。
即日修理完了の時もあれば、Appleリペアセンターでの修理が必要になる場合もあります。
リペアセンターへ送る場合は1週間ほどかかりますが、iPhoneの保証期間中であれば、代替機を用意してくれます。

いずれの場合も準備が必要ですので、下記のApple社のホームページから確認してください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201557

修理価格はケースバイケースですが、保証期間である1年以内の不具合は、無料で修理されます。またAppleCare+(アップルケアプラス/保証サービスのこと)に加入している場合も同様です。
ただし、いずれの場合も過失や事故の場合は、料金がかかります。
詳細は下記のリンクからご確認いただくか、修理依頼をする際に相談してみるとよいでしょう。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/pricing

近年発売されているiPhoneのホームボタンは「指紋認証」の機能、いわゆる「Touch ID(タッチアイディー)」が採用されています。
この「Touch ID」保護の仕組みにより、指紋データの保護および不正アクセスを防ぐことができます。
この仕組みによってOSのアップデートの際、非正規のパーツはエラーが発生、ホームボタンが使えなくなる事象が報告されています。
また、非正規のパーツを使うと、保証期間内でもApple社のサービスは、以後受けられなくなります。
非正規店でのホームボタンの修理は、避けたほうがよさそうです。

いかがでしたか?
普段意識しないで使っているホームボタン。
とても大きな役割を担っていることを、改めて認識された方も多いのではないでしょうか。
ホームボタンが使えなくなると、費用も時間も手間もかかる一大事になってしまいますね。
そんな悲劇を避けるためにも、ホームボタンをあまり乱暴に使わないことはもちろん、万が一に備えて、無理のない範囲で、あらかじめ対策をとっておくのがよいでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone修理リカバーガレージの注目記事を受け取ろう

iPhoneのホームボタンが故障?反応しないときの対処&解決方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone修理リカバーガレージの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 水没トラブル|iPhone修理リカバーガレージ

  • iPhoneの音割れノイズ雑音!原因と対策を完全チェック!iPhoneの交換修理の6つのチェックポイント

  • ライトニングコネクタ・Dockコネクタ交換|iPhone修理リカバーガレージ

  • 水没復旧可能?!iPhoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

  • 通話できない?自分の声が相手に届かない!マイクの故障?iPhone交換修理の8つのチェックポイント

  • 液晶・タッチパネル不具合|iPhone修理リカバーガレージ