1. TOP
  2. iPhone修理比較!正規メーカー修理は早い、安い、上手い!?

iPhone修理比較!正規メーカー修理は早い、安い、上手い!?

iPhone修理比較!正規メーカー修理は早い、安い、上手い!?

iPhone修理比較

日本では、スマホを保有している人の6割から7割の人がiPhoneを使っているというデータがあるほど人気の高いiPhone。
そんなiPhoneも、毎日使っていれば故障することもあるし、破損することだってあります。
では、壊れたり故障した時、皆さんはどこで修理をしますか?正規メーカーで修理しますか?それとも、非正規店の修理ショプでしますか?
今回はiPhone修理について比較してみました。

iPhoneの正規メーカー修理は、早い、安い、上手いのか?

iPhoneの正規メーカーといえば、言わずと知れたApple Storeですよね。
もし、iPhoneの画面のガラスが割れたり、バッテリーの不具合が起こった時には、修理が必要になります。
修理が必要になった時、あなたなら正規メーカーに持っていきますか?それとも修理ショップに持っていきますか?
最近はiPhone修理ができる修理ショップも増えていますが、実際のところ、正規メーカーの方が早くて安くて上手いのでしょうか?

まずは「早さ」についてです。壊れたり故障してしまったら、できるだけ早く使えるようにしたいと思う人がほとんどでしょう。
今や「スマホがない生活など考えられない」という方も少なくないですから、手元にiPhoneがない時間は少ないに越したことはありません。
Apple Storeなどの正規メーカーで修理をする場合、配送修理を申し込むか、持ち込みで修理をお願いするかのどちらかです。
しかし、正規メーカー修理は常に混んでいるため、待ち時間も長くなる傾向にあり、時間がかかります。決して「早い」とはいえません。
修理を依頼する場合は、ある程度の時間がかかることは覚悟をしておく必要があります。

次に「費用の安さ」についてです。
正規メーカー修理の費用は、保証の有無によって大きく変わるため、「安い」か「高い」かはケース・バイ・ケースになります。
自分のiPhoneの購入時期や保証サービスに入っているかどうかを、確認しておくようにしましょう。
正規店での保証対象外の修理は割高ですが、保証内であれば安くできます。修理内容によってもかなり差があります。

最後は「修理の上手さ」です。正規メーカーは何より安心感があるのは確かです。
当然のことながら、クオリティの低い部品を使って修理されることはないので安心です。
しかし、正規店の方が非正規店よりも技術的に上手いかといえば、特に差はないといえるでしょう。

AppleCareに入っていると本当に得??

AppleCare(アップルケア)というのは、Apple製品の保証サービスのこと。
iPhoneの場合はAppleCare+(アップルケアプラス)という保証サービスがあります。
このAppleCareに入っていると、本当に得なのでしょうか?

Apple製品を購入すると「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」というものがついています。
AppleCare+に加入すれば、この保証とサポートがそれぞれ2年間に延長されます。
つまり、購入から2年以内であれば、2回までのサービスが受けられるようになります。

保証サービスに加入していれば、画面の損傷の修理は1回につき3,400円(税別)で、その他の損傷は11,800円(税別)で修理をすることができます。
iPhoneの機種によっても修理費用が異なりますが、保証サービスに加入していない場合は、画面の修理に15,000円前後、保証対象外の修理には30,000円以上かかることもあります。
修理が必要になった場合は、AppleCareに入っている方が得です。しかしこれも、iPhoneを購入後1年から2年の間に起きた故障に関してのみ有効です。
iPhoneを落としたことによって不具合が生じた場合や、ホームボタンが反応しないなどは、保証対象外となるケースも多いので、AppleCareに加入した方が得かどうかは、ケース・バイ・ケースということになるようです。

iPhone修理の比較!正規メーカーと修理ショップのメリット・デメリット

最近iPhone修理ができるショップが増えています。地名で検索すると近くの修理ショップを探すこともできるようになりました。
では、iPhone修理は正規メーカーでするのが得なのか、それとも非正規店の修理ショップで修理する方が得なのでしょうか?
それぞれのメリットとデメリットで比較してみましょう。

正規メーカーでのiPhone修理 メリット

  • 純正の部品なので安心
  • 正規店という安心感がある
  • 保証サービスに入っていると安く修理ができる(購入から2年間)

正規メーカーでのiPhone修理 デメリット

  • いつも混んでいるので時間がかかる
  • 保証対象外の修理費用は高め
  • 修理の際に初期化されてしまう

iPhone修理専門店での修理 メリット

  • 待ち時間が短い
  • 初期化せずに修理することも可能
  • 正規店よりも費用が安め

iPhone修理専門店での修理 デメリット

  • 純正の部品ではない場合もある
  • 修理をすることでメーカー保証の対象外となってしまうこともある

正規メーカー修理も修理ショップでの修理も、それぞれメリットもあればデメリットもあります。
何よりもメーカーという安心感を望むなら正規メーカーで、早さ重視なら修理ショップでというように、何を最優先させたいかによって選ぶと良いでしょう。

iPhone修理をする際、正規メーカーで修理した方が得な場合もあれば、修理ショップでした方が得な場合もあります。
購入からどれくらい経過しているか、また、修理の内容によっても変わってくるので、ケース・バイ・ケースといったところでしょうか。
また、AppleCareに加入していれば、購入から2年以内の修理に関しては費用も安く済む場合が多いですが、保証対象外の修理もあるので一概に安いとは言い切れません。
何よりも正規メーカーという安心感を優先するなら、正規メーカー修理を。しかし、早さや安さを求めるのであれば、修理ショップで修理するのも良いのではないでしょうか。

iphone修理を便利に!AppleCare+とエクスプレス交換サービスとは?

iphone修理を便利に!AppleCare+とエクスプレス交換サービスとは?

iPhoneを使用するうえで、どうして避けられないリスクがに「破損・故障」があります。
うっかり落としてしまう、思ってもないことで壊れてしまう、無くしてしまう……など、可能性を挙げたらキリがないですよね。

そんな時に助けてくれるのがiPhoneの「保証サービス」です。

今回は、あなたのiPhoneを守ってくれる保証サービス「AppleCare+」と、便利な「エクスプレス交換サービス」についてご紹介いたします。

まずは確認!iPhoneの「製品保証」ってどんなもの?

新品のiPhoneには、購入日から1年間の製品保証がついています。
保証内容は以下の通りです。

〈保証対象〉
iPhone本体はもちろんのこと、購入時にパッキングされていたもの(イヤフォン・充電器・ケーブル)も含まれます。
一方で、iosやアプリは対象外となります。

〈サービス内容〉
サービス内容には大きくわけて修理交換返金の3つがあります。
修理・交換は、新品のパーツやデバイスが使われるほか、性能や信頼性が新品と同等の中古パーツやそのパーツを使ったデバイスが使用されます。
返金は、iPhone購入代金の返金サービスです。

〈対象外になる故障について〉
購入から1年以内なら、どんな故障でも対象になる、というわけではありません。
以下のような故障は保証期間内でも対象外となりますので、事前に知っておきましょう。

  • バッテリーや経年劣化する保護用コーティングなどの消耗品の故障
  • 事故、乱用、誤使用、液体接触、家事、地震ほかの外的要因による損害
  • Appleや正規サービスプロバイダ以外が行った修理、アップグレードによる損害
  • Appleの許可なく改造したことによる損害
  • 自然損耗やそのほかのApple製品の経年劣化による損害

以上が、Apple社提供の製品保証(1年間)の主な内容です。
ご紹介した項目以外にも、規定・サービスがあります。
より細かな保証内容を知りたい場合は、Appleのウェブサイトを確認してくださいね。

有料サービス「AppleCare+」気になる料金と保証内容は?

Apple社が提供している有料保証サービスに「AppleCare+」があります。
こちらはオプションサービスであるため、加入するかどうかは自由です。
料金は加入時期、機種によってことなりますが、2016年9月16日以降は、合計15,984円(月額666円)となっています。

iPhone購入時に加入のするかどうか、必ず確認されますので、「AppleCare+」という保証サービスがある、ということは多くの方がご存知のはず。

ここでもう一度、サービス内容を詳しくご紹介いたします
〈AppleCare+で受けられるサービスは?〉

  • 製品保証がさらに1年延長される(通常保証と合わせて2年となる)
  • 無料電話サポートが2年に延長(通常は90日間)
  • 破損、故障時に通常より低価格で修理サービスを受けることができる(最大2回まで)
  • エクスプレス交換サービスが無料で受けられる

iPhoneユーザーにとって最も気になるのが、サービス内容の「通常より低価格で」修理サービスを受けられる、という項目ですよね。
AppleCare+加入の場合の修理料金は以下の通りです。

〈AppleCare+を使った修理料金〉

  • 画面のみの破損 3,400円
  • その他の破損  11,800円
  • バッテリー交換    0円

税別価格での表記です

バッテリー交換は蓄電容量が本来の80%未満に劣化した場合のみ、無料交換可能。

〈AppleCare+に未加入の場合の修理料金〉

  • 画面のみの破損 12,800円
  • その他の破損  32,000円
  • バッテリー交換    0円

※税別価格での表記です。

AppleCare+に加入、未加入の場合を比べてみると、
修理料金がかなりお安くなっているのがわかっていただけると思います。

便利な特典「エクスプレス交換サービス」って?

AppleCare+は、保証サービスとして、決して安いものではありません。
そのため、加入するかどうかで悩む方も多いと思います。

先ほどご紹介したように、「修理サービスを低価格で受けることができる」というのが、最も大きなメリットです。

しかし、AppleCare+の魅力はそれだけではありません!
「裏メリット」ととして加入者に人気なのが、「エクスプレス交換サービス」です。

エクスプレス交換サービスとは、故障したiPhoneを業者が引き取りに来る際に、新品のiPhoneを届けてくれるサービスです。
通常、iPhoneの修理には1週間程度かかります。当然ながら、修理期間はiPhoneを手放さなくてはなりません。
しかし、エクスプレス交換サービスでは、1日もiPhoneを手放すことなく、新品のiPhoneを手に入れることができます。
しかも、かかる費用は、修理料金(11,800円)のみです。

エクスプレス交換サービスを希望する場合は、WEBサイト、または電話でサービス利用の申し込みをします。
申込み完了後、営業日2〜3日(最短では翌日の場合も!)でApple指定の業者が来てくれるので、iPhone故障による「日常の不便」を最小限に抑えることができます。

注意点としては、業者が来るまでに必ずバックアップをとっておくこと。
新しいiPhoneにスムーズに移行するためには必須です。忘れずに行ってくださいね。

AppleCare+は任意加入であることと、料金の高さから、様々な意見があるのも確かです。
しかし、今回ご紹介したように、万が一の際には頼もしい味方になってくれます。
また、自然故障時にも優遇される、電話サポートがスムーズというような声もあるので、今日ご紹介したこと以外にもメリットは大きいかもしれませんね。
iPhoneをできるだけ手放したくない、故障が心配な方は、加入されておくことをおすすめいたします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone修理リカバーガレージの注目記事を受け取ろう

iPhone修理比較!正規メーカー修理は早い、安い、上手い!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone修理リカバーガレージの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • イヤホンジャック交換|iPhone修理リカバーガレージ

  • ライトニングコネクタ・Dockコネクタ交換|iPhone修理リカバーガレージ

  • iPhoneの連絡先や写真を消してしまった!データの復旧・復元は可能か?復旧修理

  • iPhone故障には3台まで入れる!モバイル用保険の特徴・加入方法・メリット・デメリット・注意点

  • 通話できない?自分の声が相手に届かない!マイクの故障?iPhone交換修理の8つのチェックポイント

  • 修理に出すべき?iPhoneカメラトラブルのよくある症状と故障の前兆とは?