1. TOP
  2. 水没復旧可能?!iPhoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

水没復旧可能?!iPhoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

復旧可能?!iphoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

復旧可能?!iphoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

生活にも、仕事にも、手放せない存在となったiPhone。
そんな大事なiPhoneが故障するトラブルに多いのが、落下による破損と「水没」です。

トイレ、お風呂、飲み物をこぼしてしまう…など、水没の可能性は、日常のあらゆるところに散らばっています。

絶対してはいけないとわかっていても、ふと気が緩んだ瞬間に、「ボチャ」!

ものすごく焦りますよね。
そこで今日は、顔が真っ青になるような「iPhone水没」の時にどのように対応したらいいのかお話いたします!

大事なのは応急処置! iPhone水没対応ポイント1

最も大切なのが、水没のすぐ後、最初の応急処置の仕方です。
この方法を間違えると、データがすべて消えてしまったり、元通りに復旧できなくなったり…という大惨事に繋がります。

焦らず慌てず、以下のように対処すれば、元通り復旧できる可能性がグンと上がります。

カバーを外す iPhone水没応急処置1

カバーを外しましょう。
カバーをつけたままだと本体が濡れたままになってしまいます。
イヤフォンジャックにアクセサリーを装着している場合は、カバーと同様、すぐ外しましょう。

水分を拭き取る iPhone水没応急処置2

ティッシュ・タオルなどで、しっかり水分を拭き取りましょう。
イヤフォンジャック、電源コネクタなど、水の溜まりやすい部分を見落とさないように要注意!

早く水分を飛ばしたいから…とドライヤーを使う方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、iPhoneをドライヤーで乾かすのは、あまり良くないと言われています。
というのも、ドライヤーの熱によって、基盤がダメージを受けてしまう可能性があるからです。
もし、どうしてもドライヤーを使いたい場合は、「冷風」を使うようにしましょう。

電源を切る iPhone水没応急処置3

電源をONにしたままだと、ショートしてしまう可能性があります。
本体の水分をしっかり拭き取った後には、電源をすぐOFFにしましょう。

本体上部の「スリープボタン」を長押しすると、電源をOFFにすることができます。

SIMカードを取り出す iPhone水没応急処置4

忘れがちなSIMカード。大切な情報が入っていますので、必ず取り出しましょう。
SIMカードは、本体横の小さな穴をクリップなどの細いもので引っ張ると、取り出すことができます。
その後は、ティッシュにくるんだり、優しい方法で水分を拭き取ってください。
ゴシゴシこすったり、乱暴に扱うのは厳禁です。

乾燥させる iPhone水没応急処置5

最後に、本体を水気のない場所で乾燥させましょう。

もし自宅にあれば、ジップロックなどのパックに、乾燥剤・お米を入れて保管するのも良い方法です。
乾燥剤やお米が水分を吸収してくれるので、乾燥しやすくなります。
最低でも24時間、問題のない方は2〜3日、乾燥させたままにしておきましょう。

絶対NG!危険な応急処置! iPhone水没対応ポイント2

以下の3つは、事態を悪化するだけです!
これだけは絶対にやってはいけない応急処置。覚えておいてくださいね。

iPhoneを振る 水没NG対応その1

本体から水分を出そうと、ついついやってしまいたくなるのが、この行動ですよね。
しかし、iPhoneを振ると、水分が本体内で動き、濡れていなかった部分まで濡らしてしまう可能性があります。
絶対にしないようにしてください。

充電する 水没NG対応その2

どんなに乾かしても、内部の状態は開けてみないとわかりません。
もし、濡れたままの状態で充電してしまうと、内部侵食の進行を助長する・ショートする原因になってしまいます。
PCと接続するのも、同じくショートの原因となるので注意しましょう。

放置する 水没NG対応その3

水没してしまったから、もうダメだ…と、ショックのあまり諦めてしまいたくなるかもしれません。
しかし、放置してしまうと、復旧できるものも、できなくなってしまいます。
そのため、諦めずに、上記の応急処置をしてから、修理依頼をするようにしてください。

どこにお願いしたらいい?iPhone修理業者 iPhone水没対応ポイント3

iPhoneを修理する場合、選択肢は2つあります。
Apple、Apple正規代理店、非正規店

Apple・Apple正規代理店がおすすめの場合

  • Apple Care+に加入している
  • バックアップをとっている

Apple Care+とは、通常1年間の製品保証を2年に伸ばし、修理が必要になった場合、2回まで、割引価格で受けることができるサービスのことです。
別途料金が必要になるため、大抵は本体契約時に加入するかしないか、選択をしているはずです。

もし、サービスに加入していて、バックアップもとっているようであれば、
規定の料金(※機種によって異なります)で、新しいiPhoneに交換することも可能です。

修理費用も割引になりますので、Apple・正規代理店に依頼するのがお得で安心です。

非正規店がおすすめの場合

  • Apple Care+に加入していない
  • バックアップをとっていない
  • 急いでいる場合

最近では、iPhone専門の修理業者も増えています。
自宅・職場の店舗を探して修理してもらいましょう。

修理価格は店舗ごとに異なりますが、水没の場合は、成功報酬型かどうかという点を事前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

成功報酬型、というのは、本体をチェックしてみて、修理が完了した場合のみ、料金が発生するというシステムです。
iPhoneが完全に壊れていて、修理不可能であれば、料金は一切かかりません。

iPhoneを水没させてしまっても、ご紹介した応急処置をきちんと行えば、元通り復旧できる可能性は十分にあります。
焦っても慌てても、事態を悪化させるだけ。万が一に備えて、応急処置の方法を理解しておいてくださいね。
また、定期的にバックアップをとっておくことで、最悪の事態を回避することができます。
日頃から意識して行っておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone修理リカバーガレージの注目記事を受け取ろう

復旧可能?!iphoneの水没・水濡れ修理3つのポイント!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone修理リカバーガレージの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
水没トラブル


iPhoneをトイレに落とした・iPhoneが水に濡れた・iPhoneに水をこぼした・iPhone水没・雨の日にiPhoneを落とした



iPhone水没したときは

関連記事

  • 修理に出すべき?iPhoneカメラトラブルのよくある症状と故障の前兆とは?

  • 通話が突然遮断される!近接センサーの誤作動?故障!iPhoneの交換修理前の4つのチェックポイント

  • カメラレンズ割れ|iPhone修理リカバーガレージ

  • iPhoneのマナースイッチが壊れた!修理する前のマナースイッチ・iPhoneチェックポイントと対処法

  • あれ?スマホの調子が悪いなと思ったときがチャンスです|無料バッテリー診断

  • 電池・バッテリー交換|iPhone修理リカバーガレージ